腎内分泌代謝内科

後期研修

 腎臓・内分泌・代謝疾患の患者診察は、内科医として論理的に問診をし、正しい手技で身体所見をとったうえで背景にある病態生理を考え、鑑別診断、治療計画を立てることが重要です。当科の研修では、腎臓(透析、腎移植含む)・内分泌・代謝(糖尿病・栄養含む)疾患などの病態、治療法を理論的に説明できる知識と技能を身につけ、一般内科医師として不可欠な、カルテ記載、症例提示(プレゼンテーション)などを正確に行える能力をさらにブラッシュアップし、腎臓、内分泌、糖尿病の各専門医指導のもと、これらの資格を取得するために必要とされる症例を担当し、疾患や症例報告書のまとめ方などを学びます。他科からのコンサルトも多いことから、依頼された症例を通じて、医療における幅広い知識を習得することも出来ます。

研修の特徴と診療体制

 診療分野が多岐にわたるため診療上の主要チームは、腎臓チームと内分泌代謝チームの2つに分かれていますが、各々の机は同室内にあり、他大学出身者が半数以上いるにもかかわらず、大変フレンドリーで明るい雰囲気の中、活発な意見交換がなされています。沖縄中部病院や国立国際医療研究センターなどでの研修を経た総合内科的スキルを持った専門医が中核となって臨床や研究に活躍していること、結婚後も臨床や研究に取り組みたい女性医師が活躍出来るための環境づくりに積極的な取り組みをしていることなども当科の特徴です。

東海大学医学部内科学系 腎内分泌代謝内科組織図

 初期研修医は内科専門医取得に必要な疾患経験を視野に入れていますが、後期研修医(専攻医)では腎臓内科専門医、内分泌専門医、糖尿病専門医取得に必要な症例を経験し、各専門医指導のもと試験の傾向などについて学習します。今後、新しいサブスペシャルティ専門医制度導入により、内分泌代謝・糖尿病内科領域が1つのサブスペシャルティ領域として連動研修が可能となりましたが、内分泌・糖尿病ともに同じチーム内で学べる当科の体制は専門研修に非常に適しています。また、相互に関係の深い腎臓と糖尿病、内分泌領域を1つの臨床科内で研修できることは大きなメリットです。

①腎臓チームの特徴と経験出来る手技など

 腎臓チームは、腎炎をはじめとした保存期の腎疾患(腎病理を含む)から末期腎不全、透析に至るまで、腎疾患全般を学ぶことが出来ます。他施設と異なる当科の特徴としては、腎移植やシャント造設術などを行う移植・腎臓外科とともに、回診やカンファレンス、術前、術後管理など、互いに大変フレンドリーな関係のもと、協力し合いながら行っていることなどがあげられます。研修は、医師年数に応じて、その力量、希望に応じて行われます。前述した通り、移植・腎臓外科連携のもと、腎移植の手術から管理まで参加、学ぶ事が可能で、(緊急)透析時のカテーテル挿入、シャント造設術、腎移植手術などの経験も出来ます。

②内分泌代謝チームの特徴と経験出来る手技など

 内分泌領域では、脳神経外科、泌尿器科、内分泌外科などとの外科系の診療科とこまめに連携をとりながら、下垂体、副腎、甲状腺疾患の術前術後管理なども学ぶことが出来ます。また、内分泌特有の各種負荷試験の実際を学び、経験出来ます。代謝領域では、外来における糖尿病をはじめとした代謝疾患診療の他、病棟における各科からの血糖管理依頼対応を中心に行います。腎臓チームと連携し、糖尿病性腎症の初期から末期、透析後の血糖管理、栄養科とも連携をはかりながら栄養についても学ぶことも可能です。

 高血圧症に関しては、腎臓(腎血管性高血圧症)、内分泌(内分泌性高血圧症)、糖尿病(本態性高血圧症)の各分野からの視点で学習することが出来るのも診療分野が広範囲に及ぶ当科の特徴です。

<基本コース:2ヶ月>

 内科専門医の資格を取得するうえで必要な腎臓、内分泌、代謝疾患を経験し、診断と治療方針をたてながら、最終的には、内科専門研修プログラムの症例登録や病歴要約のみならず、学会発表や症例報告論文作成が出来る程度の研修活動が行えることを目的とします。2ヶ月という短期間ですが、腎臓、内分泌、糖尿病、いずれの領域を選択するかは、可能な限りご本人の希望に応じた研修プログラムを作成します。

<応用コース>

 腎臓、内分泌、糖尿病の各専門医を取得するうえで必要な各疾患を経験し、診断と治療方針をたてながら、最終的には各サブスペシャルティ専門医試験提出に必要な病歴要約が完成出来る程度の研修活動が行えることを目的とします。腎臓、内分泌、糖尿病における各領域での研修期間とその内容に関しては、研修前に連絡をとり、可能な限りご本人の希望を優先した研修プログラムを作成します。

①腎臓専門医取得コース

 内科専門医の次に、腎臓専門医の資格取得を見据えたコースです。新専門医制度では腎臓領域では内科専門研修2年目からの連動研修が可能であり、このコースでは腎臓専門研修カリキュラムに対応します。研修内容は、組織図に示したように、腎臓チームを2−6ヶ月の範囲でローテーションする他、移植外科との連携により腎不全外科(腎移植・透析用バスキュラーアクセス造設など)の研修も行います。また、腎・血液透析センターやICUにおいて血液透析やアフェレシス、急性血液浄化療法などの経験を積むことができます。また、深川教授の専門分野である骨・ミネラル代謝異常など慢性腎臓病の合併症について深く学んだり、末期腎不全の原疾患として重要な糖尿病性腎症についても早期から関わったりすることができるのも特徴といえましょう。研修の場は病棟・コンサルト業務が中心となりますが、外来診療を経験することもできます。新専門医制度における腎臓専門医取得のためには、認定教育施設等で最低3年以上腎臓指導医の指導を受ける必要があり、所定の症例経験・登録と病歴要約提出が求められています。腎炎・ネフローゼ、保存期腎不全や透析のみならず、維持透析や腎移植に至るまでの広範囲の領域の経験が求められるため、施設によっては経験すべき症例が十分カバー出来ないところも多いですが、当院では腎生検が頻回に行われ、腎不全管理や腹膜透析・腎移植を含めた腎代替療法などの範囲も含めた診療分野の広さから、専門研修に必要な症例を幅広く経験することができます。また、国内のみならず、主要な国際学会での発表や論文、雑誌などへの投稿の機会も経験可能です。

②内分泌代謝・糖尿病内科専門医取得コース

 内科専門医の他に、内分泌代謝・糖尿病内科専門医の資格取得を見据えたコースであり、内分泌代謝チームの中で内分泌・糖尿病症例を中心にした外来と病棟の両方を2−6ヶ月間研修します。新専門医制度では、この領域は内科専門プログラムとの連動研修が可能であり、内科専門研修2年目以降に研修を開始します。糖尿病や脂質代謝異常、副腎疾患、下垂体疾患、甲状腺疾患などの広範囲の内分泌疾患を経験可能であることが当科研修の特徴であり、新専門医制度における研修修了条件にあわせて対応可能となる見込みです。糖尿病の研修ではインスリンポンプ(CSII)や24時間血糖モニタリング(CGM, FGM)を使用する症例の経験を積むことができるほか、腎症などの重要な合併症に触れることができるのも当科での研修の大きな特徴です。内分泌代謝・糖尿病内科専門研修の後、さらに専門性の高い内分泌専門研修または糖尿病専門研修を行い、内分泌専門医または糖尿病専門医を取得する道も用意します。また、主要な国内外の学会での発表や論文、雑誌などへの投稿の機会も経験可能です。

週間スケジュール

東海大学内科学系 腎内分泌科 週間スケジュール

夜間、土曜夕以降、第2、第4土曜日、日曜は、当番・On call体制

研修機関としての指定

  • 日本腎臓学会研修施設

  • 日本糖尿病学会認定教育施設

  • 日本内分泌学会認定教育施設

  • 日本透析学会認定施設

  • 日本高血圧学会認定教育施設

研修プログラム終了後の進路

  • 東海大学医学部職員

  • 勤務先:東海大学医学部付属病院(伊勢原、八王子、大磯、東京)

  • その他国内の医療施設、臨床・研究留学サポート