リウマチ内科

インタビュー

若手医師からのメッセージ

 私は東海大学医学部を卒業後、東海大学医学部付属病院で初期研修を終え2017年にリウマチ内科に入局しました。現在、病棟と外来での臨床業務をメインに行っています。
 もともと内科疾患に興味があり、初期研修は内科学系を中心にローテートしました。その中で、同一の疾患であっても臨床像が多彩である膠原病に魅力を感じ、リウマチ内科に入局しました。膠原病は全身疾患であり、多臓器に障害があったり、様々な合併症をきたすことが多いです。小さな身体所見や、細かな検査値の変化に目を向けることで、毎日新たな発見があり、医師として充実した日々を送っています。
 私たちの医局の特徴の1つは雰囲気がよく、とてもアットホームなことです。膠原病は専門性の高い分野であり、最初は戸惑うこともたくさんありましたが、わからないことは佐藤教授をはじめ、医局員の先生たちが熱心に教えてくれます。
 もう1つは、多様な膠原病をみることができることです。東海大学病院は医療圏が広く、常日頃から様々な膠原病疾患に触れることができます。リウマチ科医として必要な知識や経験を、日々の臨床業務の中で身に付けることができます。
 大学病院としては医局員の数は少ない方ではありますが、その分、自分の役割をしっかりと感じることができ、医師として成長するには申し分ない環境だと思います。また、膠原病はこれから様々な研究がより深まっていく診療科です。ガイドラインが明確でない部分も多く、一例の症例報告であっても貴重なエビデンスとなる場合があります。新しい発見をする機会にあふれており、研究に興味のある先生にも、とても適した科だと思います。一緒により良い医局をつくっていける先生方の入局を心待ちにしています。研修で多くの先生方に選択していただければ嬉しいです。

臨床助手 平野一貴

 私は、東海大学医学部付属病院で初期臨床研修を経て、リウマチ内科に入局し医師4年目になります。現在は、病棟業務をメインに、週に一回初診外来を担当させて頂いています。
 もともと内科系志望であり、学生の頃は膠原病・リウマチ性疾患の症状の多彩さに興味を持つ半面、同じ疾患でも発症様式が個人によって様々であり、掴みきれない苦手意識も持っていました。しかし、臨床の場で実際に患者さんに接する事で印象が変わりました。症状を一つ一つ聞きながら全身を評価して診断に至る面白さや、個人に合った治療を考えることにやりがいを感じ、それが入局の決め手となりました。
 東海大学病院の診療圏は広く、症例数が豊富で、様々な膠原病・リウマチ性疾患を診ることができるのが魅力の一つです。多くの患者さんを診させて頂くなかで、私自身も多くを学ばせて頂いていると実感しています。
 自己免疫疾患と聞くと、ステロイド治療やそれに伴う副作用の印象が強いとは思いますが、現在は様々な治療薬が開発され、臨床・研究ともに活発な分野です。エビデンスの蓄積過程であり、日々の診療の積み重ねが、今後の治療指針に結び付く可能性もあります。
 学ぶことが多く、治療に迷う時も多々ありますが、都度相談しながら診療に当たることのできる医局です。ぜひ、一度研修で選択して頂ければと思います。

臨床助手 杉山麻衣

〒259-1193 神奈川県伊勢原市下糟屋143

TEL:0463-93-1121(代表) FAX:0463-93-9338

Copyright © 東海大学医学部内科学系. All Rights Reserved.