top of page

総合内科

インタビュー

若手医師からのメッセージ

私は他大学を卒業後、地元である当院で初期研修を行いました。初期研修の頃から内科に興味をもち、あらゆる内科を幅広くローテートしました。どの内科も非常に勉強になりましたが、当科を初めて回ったとき多岐にわたる知識が要求され、全身を診る重要性を学びました。

当科の特徴として初期研修医は患者を担当制で受け持ち、メインで診ることができます。もちろん上級医のサポートはありますが、検査や治療内容を自分で考えてプレゼンし、アドバイスいただきながら治療にあたります。

昨今、専門性が要求される時代ではありますが、1つの疾患のみで入院する患者は稀であり、専門分野に偏ることなく患者の全身を診ることは医療の本質と私は考えます。当科では感染症をはじめ、いろんな疾患を幅広く診ることができ、非常に考える力や知識が身につきます。ICUチームのような急性期はもちろん、慢性期の患者も病棟チームで診ることができます。後期研修になると外来や救急当番もあり多忙ではありますが、是非興味を持っていただけたらと思います。

東海大学医学部内科学系 総合内科 佐野先生

臨床助手 佐野 礼姫

東海大学医学部内科学系 総合内科 鳥居先生

私は2019年に本学を卒業後、当院で初期研修を行いました。学生時代から内科に興味がありましたが、特定の臓器に興味があるわけではなく、ジェネラルに患者さんを診ることができる医師に憧れていました。初期研修では、内科を中心に選択し研修を行いました。様々な診療科を研修する中で、やはりジェネラルに患者を診る知識はどこの診療科でも重要であることを痛感し、病棟チーム2か月間に加え、研修医2年次にICUチームを2か月間選択しました。総合内科での研修では内科の基礎的な知識や手技に加え、集中治療なども学べ、充実した研修期間となりました。

​総合内科での研修が一番楽しく、また非常に勉強にもなったこと、自分の理想となるジェネラリストを目指せる当科での後期研修を選択しました。Common diseaseはもちろんのこと、希少疾患なども経験でき、日々勉強の毎日です。優しく熱心に指導してくださる上級医の先生方や、頼もしい同期・後輩に恵まれ、毎日楽しく研修生活を送っています。もし興味がある学生さんや研修医の方がいましたら気軽に見学に来てください。

臨床助手 鳥居 彩音

bottom of page