総合内科

インタビュー

若手医師からのメッセージ

 私は本学卒後、当院で初期研修を終了し、4月から総合内科にて内科専門医取得を目指し日々診療に従事し、研鑽に励んでおります。
 学生の頃は漠然と救命や集中治療領域に興味を持ち、自身の有り余る体力を活かした科に進むのだろうと考えておりました。一方で、地域医療、家庭医といった分野にも興味がありました。そのため、初期研修では地域連携コースを選択し、総合診療で有名な諏訪中央病院で3ヶ月間研修をさせていただきました。総合診療科では、科の隔たりや垣根なく一人ひとり患者さんに対して適切な医療を提供すること、患者さんを疾患として捉えるのではなく、背景や家庭、地域など広い視野で考えることを学び、Hospitalistの重要性や魅力を体感しました。外科医への道や専門性の高い内科への道も捨てきれず、ギリギリまで進路を悩みましたが、最終的にまずは、全身を高いレベルで診られる内科医になりたいと考え、総合内科への入局を決めました。
 当院は神奈川の西部地区から静岡、山梨の一部までの広範囲な地域を医療圏とする、大学病院でありながら地域に根付く拠点病院です。稀な疾患や集中治療を要する症例はもちろん、Common diseaseや感染症も数多く経験できることが特徴です。また、他科への相談しやすさも魅力です。
 当科の特色として、ICUチーム、病棟チームをローテーションできるだけでなく、希望次第で、Joslerなどのプログラムとは直接関係なくても勉強したい分野の科や他院での研修を行うことができます。(例として私は後期1年目2ヶ月間を高度救急救命センターで、後期3年目1年間を諏訪中央病院で研修させていただく予定です。) 
また、経験豊富な指導医が、いつでも親身にEBMに基づいた指導をして下さいます。医局の雰囲気も良く、非常に様々な面で寛容で自由な診療科であると感じております。
 病棟総合医や総合内科は超高齢社会に突入した本邦において、多種多様の併存疾患を患った方を包括的に診る医師や疾患だけでなく社会背景、家族、地域を包括的に考える医師として今後より必要な人材であると考えます。
高いレベルでの内科診療に興味がある方。専門科が決めきれなかった方。Hospitalistに興味がある方など、ぜひ一度見学にお越しください。

臨床助手 大和田 裕介

 私は2018年に本学を卒業後、当院で初期研修を行いました。私の学生時代からの目標として幅広い領域にまたがった知識を習得し、ジェネラルに患者さんを診ることが出来る医師になりたいという目標があり、初期研修では各専門領域の内科を主に選択しました。初期研修では様々な専門分野の疾患や、各領域における考え方などについて学ぶことが出来たので、私にとって大変有意義な研修だったと感じています。中でも印象的だったのが総合内科のICUチームを選択した二ヶ月間でした。研修当初は予断を許さない重症患者を前に戸惑うこともありましたが、治療後に自分の足で歩いて退院していく患者の姿を見て集中治療という領域にやりがいを感じ、次第に集中治療の道を目指したいと思うようになりました。
 後期研修先を選択するにあたっては、集中治療が出来ること、ジェネラリストを目指せること、自分の進路を狭めないことを重要視しました。当院の総合内科はその希望に合致しており、自分のなりたい医師像を目指せる環境だと感じました。集中治療の領域も総合内科がカバーしている病院は非常に珍しく、common diseaseから希少疾患、軽症患者から重症患者までを幅広くカバーしている点に大きな魅力を感じ、最終的に当院の総合内科での後期研修を選びました。今後はジェネラリストになるという目標を追いかけつつ、集中治療専門医を取得して、各領域における様々な知識、技術を体得していきたいと考えています。
  日々新たに学ぶことの連続ですが、熱心に教育してくださる上級医の先生方や同期に恵まれ、楽しい研修生活を送っています。もし興味のある学生さんや研修医の先生がいましたら気軽に見学に来てください。

臨床助手 西村 拓人

 私は市中病院で初期研修を行った後に、2021年4月より総合診療、家庭医プログラムを専攻しています。

 初期研修中は他内科を検討していましたが、総合内科に所属している部活の先輩方に声をかけて頂き、私にとって多くの経験を得られるプログラムと考えて志望しました。

 総合診療、家庭医プログラムでは、内科の他に救急、小児科、地域医療の研修が含まれており、様々な疾患、年齢に対応するための経験が得られます。

 希少な疾患よりも一般的な疾患への経験を積みたい、1つの科を極めるよりも複数の科を学びたい、地域医療に携わりたい等と考えている方には同プログラムをお勧めします。

 現在は大磯病院で研修させていただき、内科、外科の救急対応、超音波検査、入院加療、ソーシャル対応などを基礎から教えていただき成長を感じています。

 興味がある方は是非、見学に来ていただくと幸いです。

臨床助手 川邊将行