腎内分泌代謝内科

インタビュー

若手医師からのメッセージ

 私は東海大学卒業後、母校で2年間の初期研修を経て、今年の4月に東海大学付属病院の腎代謝内分泌内科に入局しました。学生時代の実習ではクルズスなどの少数指導が多く、指導熱心な先生方のもとで多くの学びがあった印象でした。研修医時代にも当科で研修をする機会があり、様々な科での研修をしている中でも学会活動や研究などの学術的な面の学びや医師としての患者との向き合い方、臨床的所見のとらえ方といった臨床医学においての学びも多い科の印象でした。そういった経験や当科での専門性に惹かれ、初期研修終了後入局するにいたりました。入局後は外来診療や病棟業務、学会発表などに追われてはいますが、忙しくも充実した日々を送っています。
 当院の腎代謝内分泌内科の特色は、腎疾患や糖尿病、内分泌系疾患といった3つの分野の疾患を経験することができ、それぞれの領域において精通している専門科の先生方との議論の中で内科医として多くの知識を習得できることにあります。日々の回診やカンファレンスでも多くの学びがあり、ここで得たものは一生ものであると感じています。
 私は今後腎臓疾患や透析に重点を置いて学んでいきたいと考えており、学び切れないほどの多くの知識が必要とされますが、教育熱心な上級医の先生方とともに日々楽しく診療にあたっております。
 内科学に興味があり、幅広い知識を身に付けたいと考えている研修医の先生方はぜひ研修先として当科をローテートしてみてください。きっと充実した研修が送れると思いますよ。

臨床助手 戸矢 智之

 私は東海大学を卒業後、東海大学医学部付属病院での初期臨床研修を経て、腎内分泌代謝内科に今年入局致しました。
 学生実習の頃から、後輩への指導が熱心で、アカデミックで活き活きと仕事されている当科の先生方が印象的でした。当院の初期研修医となり、いろいろな科をローテーションする中で、予防医学から慢性疾患まで、長期に渡り患者さんと向き合うことが出来、内科医として全身管理をしっかり行う当科に入局したいと思うようになりました。
 私は将来、主に糖尿病を中心に診療を行っていきたいと思っています。糖尿病領域は、患者さんの薬剤アドヒアランスや食事、運動療法が、医師患者間のコミュニケーションや教育と、とても関係するように感じます。いかに治療がうまく行くかが、薬効ではなくコミュニケーションも大きく影響するところが難しさであり面白さなのではないかと思っています。また、当科では合併症である腎症や透析管理もしっかり学ぶことができ、他施設とは違う強みであると考えています。
 そして、当科では男女共に体調不良だけでなく、結婚や出産、子育ての際も柔軟に対応してくださる科です。将来の目標や人生設計に合わせた、人ごとに違う働き方をプランしてもらえます。私も結婚していますが、妊娠出産を考えた時も帰ってくる場所がある安心感があり、仕事と家庭の両立を現在努力しています。
 いろんなライフスタイルに寛容な腎内分泌代謝内科にぜひ足を運んでみてください。

大学院生 小野 萌

〒259-1193 神奈川県伊勢原市下糟屋143

TEL:0463-93-1121(代表) FAX:0463-93-9338

Copyright © 東海大学医学部内科学系. All Rights Reserved.