循環器内科

インタビュー

若手医師からのメッセージ

 私は、東海大学を卒業後、東海大学医学部付属病院で初期研修を経て、循環器内科に入局しました。卒後5年目になります。

 私が循環器内科に入局した理由は、命に関わるような急性期からその後の慢性期までを広くトータルコーディネートできる医師になりたいと考えたからです。また、研究が盛んに行われていることも大きな魅力でした。

 実際に入局して感じたことは、携わる疾患が想像以上に多岐に渡っており、それぞれが非常に興味深いということです。また、多くの重症患者さんが歩いて退院されることも循環器内科の特徴であり、非常にやりがいを感じています。

 私自身は他施設での循環器内科キャリアも検討していたのですが、最終的に東海大学に入局してよかったと感じています。その理由としては、症例数が豊富であること、研究が盛んなこと、医局の雰囲気が良いことです。土地柄、一般的な循環器疾患から大学病院での治療を要する重症症例あるいは希少疾患まで幅広く経験することができることは東海大学の大きな魅力だと感じています。また、研究活動も盛んで、若手のうちから積極的に参加できる環境があり、サポートも充実しています。そして何より、医局の雰囲気が良いことが最大の特徴だと感じています。当医局には様々な出身大学の医師が在籍していますが、それによる垣根は全くなく、和気あいあいとしています。また、日頃から若手、ベテランに関わらず自由に意見を出し合える雰囲気があります。そして、患者さんにとって一番良い医療を提供しようという気持ちを全員が持って、チーム一丸となって診療にあたっています。治療、研究各分野において、世界で活躍されている先生方が集まっており、その先生方から直接指導を受けられることも素晴らしい特徴だと考えています。

 東海大学循環器内科は、循環器内科医として成長していくためには最高の環境だと思います。その魅力は直接触れていただければ必ずわかっていただけるものだと思っています。少しでも興味のある学生、研修医の方々は、ぜひ一度見学にきていただければと思います。

臨床助手 相原一樹

  私は、東海大学医学部附属病院で初期研修を経て循環器内科に入局しました。当院は高度救命救急センターが併設されており、より重症度の高い症例を担当することが出来ます。診療に関して救急症例含む初期対応は後期研修医も行いますが、必ず上級医のバックアップがあり、すぐに相談できる環境で研修を積むことが出来ます。入院後の治療方針にしてもチーム制で行っているため、上級医からの助言をもらいながら臨床力を身に着けることが出来ます。そして観血的な検査、治療に携われることも当院の強みだと感じています。様々な施設から入局される先生も多く、様々な意見も聞けることは魅力の一つだと思います。私自身まだまだですが、「以前の自分より判断が速くなったな、手技が上達したな」と成長を常に感じながら診療できるのは仕事のモチベーションにつながります。

 循環器内科は不整脈、虚血、弁膜症や心筋症など多数の疾患を診る診療科ですので、心不全といっても様々な検査を用いて総合的に評価し原疾患を鑑別し、ディスカッションすることや高血圧や脂質異常症、糖尿病などリスクコントロールをすることも内科医として楽しいものがあります。

 当院は大学病院ですので発表や論文など書いてみたいという先生はもちろん上級医の指導を受けながら出来ますし地域柄、症例が豊富でありcommon diseaseも経験することが出来ます。また、私自身2児の父ですが医局の理解があり子育てもしやすい環境です。成長できる環境がここにあります、是非一緒に働いてみましょう!

助教 斎藤崇史