呼吸器内科

前期研修

呼吸器内科研修の目的

呼吸器という臓器は、機能が低下すれば直ちに命に関わる事態を生じる重要臓器です。その診療のためのアイテム、スキルには様々なものがありますが、基本は聴診をはじめとした身体所見の把握、そして胸部エックス線写真を読影することから始まります。極めて古典的な手法ですが、ゴールが存在しない、奥の深い技と知識が要求される部分です。また古典的であるからこそ、如何なる現場でも利用可能なアイテムであると同時に、如何なる診療科においても、避けて通ることができないものでもあります。正常な胸部エックス線写真を何千枚みるよりも、異常のある写真を50枚、100枚みておくことが、どのように異常を見つけるか、その異常陰影に対してどうアプローチすべきか、という医師にとって必須の技能に直結します。
 その他にも呼吸器内科では、肺炎の抗菌薬をどう選択するか、喘息発作の治療や呼吸不全患者の呼吸管理はどのように行うか、緩和医療の中で疼痛や呼吸困難などのコントロールをどうするかなど、医師であれば誰でも身につけておきたい領域について、幅広い研修が行えるようになっています。
 また、シミュレーターを使った気管支鏡研修、胸部エックス線読影の勉強会気管支鏡の研修なども定期的に行っています。興味が有れば積極的に参加して下さい。

呼吸器内科研修の特徴

 将来、内科系・外科系、個人クリニック・地域基幹病院、どのような施設でもどのような立場でも、臨床医を続ける限り、呼吸器内科で研修した知識と技術はあなたの診療を助けます。

呼吸器内科研修プログラムの概要

Common disease としての呼吸器疾患から、より専門的な呼吸器疾患、集中治療域での呼吸器疾患など、それぞれのニーズに応じたプログラムを構築できます。
2年目の研修期間における具体的な経験目標は以下の通りです。

  1. 胸部の画像診断を実践する。

  2. 肺機能検査の解釈を学ぶ。

  3. 呼吸器感染症の診断と治療を実践する。

  4. びまん性肺疾患の診断と治療を実践する。

  5. 気管支喘息の発作に対する治療と長期管理を実践する。

  6. 肺癌の内科的治療を実践する。

  7. 急性・慢性呼吸不全の人工呼吸管理を学ぶ。

  8. 他の疾患との関わりを学ぶ。

〒259-1193 神奈川県伊勢原市下糟屋143

TEL:0463-93-1121(代表) FAX:0463-93-9338

Copyright © 東海大学医学部内科学系. All Rights Reserved.