呼吸器内科

インタビュー

若手医師からのメッセージ

 私は東海大学を卒業後、初期研修は出身圏でもある関西の大学病院のカリキュラムを選択し、1年目は市中病院、2年目は大学病院で研修を行いました。

 学生時代から父親が呼吸器内科で開業していたこともあり、ぼんやりと呼吸器内科に興味がありました。進路に迷っている際に、初期研修2年次に呼吸器内科をローテーションし、急性期から慢性期と呼吸器内科の守備範囲の広さを実感し、また専門医が不足している背景から、自分も呼吸器内科医として将来的に地域の医療に貢献したいと考えるようになりました。

 後期研修先として、地元での研修やお世話になった初期研修先も考えましたが、学生時代から慣れ親しんだ母校で呼吸器内科医としてのスタートをきりたいと思い、当科に入局いたしました。まだ入局して間もないですが、朝夕のチームでの回診、気管支鏡検査、カンファレンスなど、優しく暖かく指導くださる先生方の中で学ぶ事ができる環境に魅力を感じています。また、多職種でのカンファレンスを通して、患者さんの医学的な部分だけでなく、社会的な面に対して介入できることは高齢社会に差し掛かる上でとても重要であると感じています。

 呼吸器内科では喘息やCOPD、腫瘍や間質性肺炎など、多くの疾患があり、施設によっては疾患ごとにチームがあることもありますが、当科では全呼吸器疾患を担当し幅広く疾患を学ぶことができるため、専門医取得へのサポートが手厚くなっています。また、入局者が毎年いることから学年の近い先生方に気軽に相談ができることは大きな魅力であると思います。

 外側からだけでは分からない当科の魅力をぜひ、病院見学や研修にいらして感じていただければと思います。お待ちしております。

東海大学医学部内科学系 呼吸器内科

臨床助手 梅本耕平

東海大学医学部内科学系 呼吸器内科

 私は東海大学を卒業後、初期研修を母校である東海大学病院で行い、呼吸器内科に入局いたしました。

 研修開始当初より、急性期対応、ICU管理といった集中治療に興味があったため、呼吸器内科では人工呼吸器管理や重症肺炎等の勉強をしたいと思い、初期研修2年目の春にローテートさせていただきました。実際に研修していく過程で、もちろん先述のような急性期対応もたくさん勉強することができましたが、それ以上に慢性疾患を抱える患者さん達に対する医療の重要性を学びました。

 呼吸器内科では終末期の患者さんと接する機会も多くあり、私のローテート中もそのような機会は何度も経験しましたが、患者さんやそのご家族と何度も何度も話し合い、背景や患者の想いを受けて、その方にとって最善の医療をオーダーメイドに考えていく、患者に寄り添うような医療を行っている上級医の姿にとても感動致しました。

 当院の呼吸器内科は肺癌、間質性肺炎といった専門性の高い疾患だけでなく、市中肺炎や喘息などのcommon diseaseも取り扱うためgeneralな内科の勉強をできること、また3次救急病院ということもあり、超急性期のICU管理から終末期のお看取りまで非常に幅広い形で診療に携わることができることも魅力的だと感じます。

 少しでも興味のある方はぜひ見学にいらしてください。

臨床助手 飯島愛加