脳神経内科

インタビュー

若手医師からのメッセージ

 私は、東海大学を卒業後、東海大学医学部付属病院で初期臨床研修を経て、脳神経内科に入局しました。
 当大学病院では、脳血管障害・中枢神経系変性疾患・脱髄疾患・神経感染症・脊髄疾患・末梢神経疾患・筋疾患など研究・診察を行なっていますが、これに加えててんかん・頭痛・めまいなど身近な疾患も守備範囲であります。
 その中には、歩いたり、食べたり、今まで当たり前にできていたことができなくなる疾患も多くあります。同じ病気の患者さんであっても同じ人生を送っている人はおらず、その人の人生観、価値観で治療法は変わってきます。中には簡単に答えが出ない場合もあり、真摯に向き合い続けることが大切です。
 神経内科の患者さんは神経疾患のみならず全身の疾患を合併していることが多く、脳だけでなく全身の病気の検索が必要であり、一つの分野に偏ることのない視点からの医療を実践できるようになりたいと思っています

東海大学医学部内科学系 脳神経内科

臨床助手 加藤瑛美

東海大学医学部内科学系 脳神経内科

臨床助手 白藤優成

 私は、臓器として脳に興味があり神経内科に入局しました。神経内科学の面白い所は一見、奇妙な症状を呈する疾患も脳の構造や機能から読み解くと原因を導き治療することが出来ることです。神経疾患は幾つもの映画や小説の題材になるほど魅力のあるものです。

 

 神経内科の疾患は大きく分けると変性疾患と脳梗塞があります。変性疾患は完治が難しいものも多いです。進行してしまう疾患も多く、患者さんに寄り添った治療によって人生をサポートすることができるのではないでしょうか?

また、急性期はICUでの全身管理から終末期の緩和医療まで広く携わることができ内科的治療を幅広く学ぶことができます。

 脳梗塞に対するカテーテル治療もあり手技をやりたい方も存分に学び体得することができる環境です。デバイスの進化によって患者さんのQOLの向上に寄与できるチャンスが多くなっています。

 

 私たちの代は同期も多く互いに高め合いながら日々の診療に臨むことができます。上級医による講義も定期的に行われていて医局全体として教育にも力を入れており体系的に神経内科を学ぶことができます。上級医もフレンドリーで教育熱心なため疑問はすぐに質問し解決することができ、さらに上級医の考えや周辺知識も得ることが出来ます。医局としての雰囲気は良く安心して入局できると思います。かけがえのない仲間たちと楽しく学ぶことで地域の医療に貢献できる事はとても嬉しい事だと感じています。

 ぜひ一緒に学び、神経内科学を発展させていきましょう!